ポイント5%還元 ラッピング無料 5000円以上で送料無料 今ご注文で熊本県には7/9(木)にお届け!

ココロパルレは全てのパワーストーンをパワースポットにて浄化祈願し、エネルギー充満してお届け致します。

News&Topics

  • お知らせはありません

ペリドット

  • Peridot

  • 明るく前向きに生きていく希望を与える

ペリドットの詳細

Peridot

ペリドットの情報
和名橄欖石(かんらんせき)
誕生石09/12
誕生日石
星座石おうし座
効果恋愛運
対応チャクラ第三チャクラ
石言葉幸福・平和・夫婦愛

ペリドットの効果

深い知恵を与えてくれると言われるペリドットは、社交性を高め人間関係を円滑にする効果が期待できます。
また、人気運上昇の効果をもたらすためリーダーシップ力を求めている方にもおすすめです。ペリドットは、明瞭な癒しの効果で溜め込んだ気持ちを解放させてくれます。明るく前向きなプラスのエネルギーを生み出すため、将来が不安な方にも明るい希望を与えてくれるでしょう。

ペリドットの意味・パワーの解説

ネガティブなエネルギーを跳ね除け、災難や裏切りから持ち主を守るといわれるこの石。不安や恐怖、嫉妬や恨み、悲しみや怒りなど、あらゆるマイナス感情を取り払って、明るい気持ちへ導いてくれるそうです。
また、知恵と分別を与えてくれ、浮気防止にも効果的だとされています。とにかく明るいエネルギーで持ち主を包んでくれるので、心の重荷や過去のトラウマでつい暗い気分になりやすい方には特にお勧めです。
仕事や人間関係で何かトラブルに直面したときにも、身につけると解決にむけ、力を貸してくれるでしょう。ペリドットは持ち主を輝かせてくれ、異性や周りの人からの視線を集めると言います。
恋人や夫婦の関係を円満にするともいわれています。

ペリドットの石言葉

『平和』・『夫婦愛』
ペリドットは夫婦間やパートナーとの間に深い絆や愛をもたらします。
円満な関係を築くことが出来るようお互いを想い合う気持ちを高め、愛情のこもった思考ができるよう導いてくれます。
たとえパートナーとのすれ違いが起きても、相手を尊重したうえで本音の話し合いができるようになり、平和な日々を送れるようサポートしてくれます。また、夫婦やパートナーでお揃いのものを身に着けることにより、更なる愛のパワーが強化し円満な関係を続けることが可能になると言われています。
お互いの気持ちを調和することで、より深い愛を生むことが出来るでしょう。

ペリドットの和名

ペリドットプレミアム

ペリドットの和名は『橄欖石(かんらんせき)』です。
この「橄欖(かんらん)」とは、ペリドットの鉱物名でもありますが、食用のオリーブと色味が似ていることからオリーブを意味するこの名が付けられたともいわれています。カンラン石という鉱物グループに属する石の中で非常に美しいものがペリドットとして古来より重宝されてきました。カンラン石は、あのダイアモンドの母石「キンバーライト」と同じカンラン岩の一種でもあります。
オリーブの意味をもつ橄欖石はまさに緑の美しさを象徴する和名と言えるでしょう。

ペリドットの言い伝え・伝説

古代エジプトでは「太陽の石」として崇められており、「黄金の太陽」を象徴すると言われてきました。
持ち主に太陽のような明るさをもたらし、恐怖心や不安感をなくしてくれます。負の連鎖に陥ったときは、唯一の明るい兆しをもたらしてくれるでしょう。
また内面から光をともしてくれるため、持ち主の心を磨くのに効果があると言われています。ペリドットがもたらす太陽のような芯の強い明るさは、邪悪なものを跳ね返す魔除けのパワーも期待できるでしょう。

ペリドットの性質・特徴

古代ローマの人々は、夜暗くなっても石の色が見えることから、「イブニングエメラルド」と呼んでいたそうです。約3500年前にエジプトのセントジョン島で発見され、その当時は「トパゾス」と呼ばれていたとか。また、ハワイでは女神「ペレの涙」といわれ、古代エジプトでは黄金の太陽の象徴として大切にされてきました。海外では、「オリーブ色」という意味で『Olivine(オリヴィン)』や、「金の石」という意味の『Chrysolite(クリソライト)』と呼ばれる事が多いようです。

ペリドットの原石

ペリドットさざれ

溶岩の塊に運ばれて小さく砕けてしまうため、流通しているものの多くは比較的サイズが小さいものとなっています。
稀に産出される大きな結晶は希少で価値が高くなると言われています。
しかしながら、大きさがあるものに関しては内部亀裂が入っているものがほとんどです。
産出量が豊富なため希少性が低い石だと思われがちですが、綺麗な美しさを持ち大きさのあるものは大変貴重な石とされています。

ペリドットの豆知識

旧約聖書に記されている「エチオピアのトパーズ」と呼ばれる宝石は、実はペリドットだったそうです。
トパーズの産地でペリドットを見つけたため、古来の人々はペリドットとトパーズを混同して認識していたといわれています。
また火山の噴火もペリドットの生成条件を満たしていて、ある国の火山の噴火の際には、ペリドットの雨が降ってきたことがあるようです。

ペリドットの浄化

紫外線に弱い石なので、日光浴による浄化は避けたほうがいいでしょう。

水晶月光浴
ハーブ
日光浴×

主な産出地

エジプト、オーストラリア、アメリカ合衆国

関連キーワード